寝る。ごはん。ちょっと遊ぶ。寝る。うらやましすぎっ!!そんなネコネコ生活をはてしなく希望っ!!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「てら家」本店に行く!
2009年09月18日 (金) | 編集 |
例の、狙っていた服を買って来ました。

試着、することにはしたのですが、
意外とボンレスはカバーできる感じでひと安心♪

と、思ったら、ちょっと胸あたりがきつい…。
えいやっ!と頑張らないとファスナーが上がらないかも。

え?
ダレですか?そんな…、

巨乳になったんじゃないか!だなんて言うひとは~☆

(ダレも言っていないっつーの)

残念ながら、こりゃ、完全に背中の肉です。

ってか、どっちが背中だかわかったもんじゃな…(しーん)。

さて、涙を拭いて、先日行ったスープカレーのお店バナシ。

超有名店さんに行って来ました~。

札幌市白石区本郷通11丁目にある、「てら家」本店です。

P1001022.jpg
こつむぎ家、初「てら家」潜入(笑)。

入店したのは20時くらい。
このときは男性のお客さんが多かった印象です。

あ、でも、ひとりカレーの女性が颯爽とやって来て、
さらっと食べて帰ったのもちょっとカッコ良かったかも!
(温玉トッピングしていたのも、常連さんっぽい感じ?)

メニューをじろじろ見て、わたしが食べるとしたら「やさい」か「きのこ」。
どちらも900円。
迷って「きのこ」にしてみました。
これに「ジャスミン茶」300円を付ける。

仔豚は「トーフと挽肉」950円。
ライスは…
P1001024.jpg
書くまでもなく「超盛」。

辛さはこんなふうに分かれていました。
P1001023.jpg
わたしは「天」。
仔豚は「空」。

こちらが仔豚注文の「トーフと挽肉」。
字を見ると、たんぱく質いっぱい取れそうな感じ(笑)。
P1001025.jpg
挽肉入りを選んだくせに「肉いっぱい」とつぶやく仔豚。
でしょうね~、だって「トーフと挽肉」だからねぇー、ひ・き・に・くっ!!!

こちらがわたしの「きのこ」。
P1001026.jpg
しめじ、まいたけ、えのきに野菜たち。

このきのこたちの熱いこと、熱いこと!
わたしはまいたけに一瞬にしてやられました。
あつーっ!リ、リバースしたい…あががが(泣)。

揚げイモ、おいしいです。
むせび泣きそうになるくらい、おいしかったです。

ライス比較。
P1001027.jpg
手前がわたしで奥が仔豚。

仔豚の「超盛ライス」アップ。
P1001028.jpg
500グラムなので敵ではありません…。
(もちろん、わたしより先にすべて食べ終えました)

ちょっと面白かったのは、上にごましおがかかっていたこと。
ごまだけかと思ったら、塩味もして。
そのせいか、スープに浸して食べると、なんだかちょっと和っぽい感じ。

けっこう濃厚な、体がぽかぽかしてくるスープで、
わたしも仔豚もなかなか好みのお味でした♪

さあて、涙も乾いたことだし、肩こり体操でもしようかなー。

あ、バストアップ体操のほうが急務か!

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっと応援していただけるとウレシイです↑↑
スポンサーサイト

 「RAMAI」でライス大食い
2009年09月08日 (火) | 編集 |
うがーーーっ!!!

もう一週間以上もスープカレー食べていないっ!
食べていないったら、食べていなーーーいっ!!
(↑軽く中毒なんじゃあ…?)

このままだと、どんがらがっしゃーーん!とちゃぶ台
ひっくり返しそうだったので(我が家にちゃぶ台はないけれども)、
ちょっくら用事を片づけがてら、

千歳の「RAMAI」に入ることにしました。

(我が家、「RAMAI」はこれで三店舗目。毎回違う店舗に入っている気がする…)

道路から見えづらい場所にあって、「ええーっ!こんなところに?」でした。
しっかし、クルマからおりた途端にスパイシーな良い香りが…ふがふが。

店内混みコミでしたが、ちょっと待って通していただいたのは、
こんな感じの席。
P1001014.jpg
半個室でベンチのように隣に座ります。
あー、仔豚、スペース取りすぎじゃねぇ?

そうそう、以前あならいざさんのこちらの記事で、
ライスを100円でたくさん食べる方法を教えていただいたので、
早速仔豚に伝える(するとモーレツに張り切りだす仔豚)。

わたしは「ヤサイ」880円の辛さ「7」。ライスは「M」。
これに「アイスラマイティー」100円を付けます。
もはや、毎回同じ注文でなんの変化もありません。ご、ごめん。

仔豚は「チキン」980円の辛さ「3」。

ライスは、一回目なので「L」。(←ここ、注目☆)

まずはライス比較。
P1001013.jpg
手前がわたしの「M」で、奥が仔豚の「L」なのですが…。
なんだかわたしのほうが大盛りに見えません??

仔豚の「チキン」。
P1001012.jpg
チキンがホロホロでかなり食べやすかったよう。
ちなみになぜかスープは大盛りにしなかった仔豚です。
(↑「なんで?」と聞いても、ごにょごにょごまかしていたので、
痛恨のミスだったと思われます(笑))

わたしの「ヤサイ」。
P1001011.jpg
かぼちゃ、甘かったなあ…(うっとり)。

そして、ここからが、あならいざさん直伝の技。

仔豚「ぴーんぽーん♪」(を押して店員さんを呼ぶ)。

仔豚「ライス、おかわりお願いします」

店員さん「サイズはどれにしますか?」

仔豚「(もちろん)Lで!!!」

というわけで、はい、どーーん、二回目。
P1001010.jpg
チキンの骨が、二回目感を醸し出しているでしょ?(笑)

あならいざさんに教えていただいたこの方法だと、
おかわり100円でライス(のサイズは好みで選ぶことができます)が
おなかいっぱい食べられて、かなりお得♪

↓のように、キンタだとプラス200円で800グラムなのですが、
P1001009.jpg
Lふた皿だと、100円の追加で約450グラム×2が食べられちゃう。

ス…ステキ☆
(しかし、ひと目でいいからキンタを見たいというかたは、
思いきって頼みましょう(笑)。仔豚の挑戦はコチラ

こうして大食い仔豚も大大大満足で、帰路に着くことができました。
(あ、ちなみにぺろりとたいらげました。え?わかっている??)

あならいざさん、ありがとう~♪

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっと応援していただけるとウレシイです↑↑

 いざ!「SURYA」
2009年08月28日 (金) | 編集 |
ここ最近、行ったことのないスープカレー屋さんへの
チャレンジが続いていたので、
ここらへんで手堅くいきたいと言い出した仔豚。

えーと、じゃあ小樽方面に向かって、RAMAIか、SURYAにする~?

「SURYA(スーリヤ)だな!」と仔豚。
よく思い返してみたら、今年初「SURYA」なんですよねー。

というわけで、到着。

駐車場いっぱいでしばらく待ったけれど、久々の「SURYA」です。
P1000976.jpg
今回はじめての二階席でした!
なんかちょっと隠れ家っぽくて、いいなー☆

いま、夏限定で「マンゴーラッシー」と「バナナラッシー」が
150円で飲めちゃうらしい。
うれしい~♪飲む飲むーーっ♪

そうそう、けっこうこちらのカレー、油断すると辛いんっすよね。
P1000977.jpg
仔豚が以前、ひーひーになった苦い思い出が…(笑)。

わたしは(わたしの中での)定番、イエローペーストから
「ミックスベジタブルカレー」580円の「4」番にしました。
「バナナラッシー」もね☆

ずーっとこちらではスープカレーだった仔豚、初ペースト。
同じくイエローペーストから「キーマエッグカレー」680円の「3」番。

今回、わたしはライスじゃなくてナンのみにしようと言ったら、
ライスもナンも食べたかったらしき仔豚。

「じゃあ、オレ、ターメリックライスのLとナンのM~~っ」

と言い出したので、どんだけ食う気よ?と激しく叱られ、
「ターメリックライスL」280円のみとなりました。

そのかわり、ナンをMにしようと思っていたわたしが「ナンL」380円に
して、仔豚と分けて食べることに。

しかし、わたしは甘かった…。
このときの自分に教えてあげたい。

よーよー、こつむぎさんよー、アナタ、まだ隣のぶうぶうさんの
企みに気付いていないなんて、甘すぎるっすよー。

マ○クの「シナ○ンメルツ」くらい甘いっつーの!!!

と…。

まずは「バナナラッシー」。
P1000978.jpg
おいしくないわけがない☆

仔豚の「キーマエッグカレー」。
P1000979.jpg
「これでもかっちゅーくらい肉」とつぶやくぶうぶう。
当たり前だっつーの(笑)。

エッグを探せ!
P1000982.jpg
隊長(←ダレ?)、発見致しましたっ!!!

わたしの「ミックスベジタブルカレー」。
P1000981.jpg
もーう、ヤサイヤサイヤサイヤサイ。
とにかく、たっぷりヤサイヤサイヤサイ。

ライスとナン。
P1000980.jpg
ナンは「L」だけにさすがの大きさ。
野菜が溶けこんだカレーだけでもじゅうぶんおなかいっぱいに
なってしまって、結局ナンは三分の一くらい食べて仔豚行き。

あー、よかった、仔豚がひとりで「ライス+ナン」を頼んでいなくて。

そう思いながら、カレーを黙々と食べていた我が家の後ろを
店員さんが通り掛かったとき、それは起こりました。
ええ、あまりにあっちゅー間の出来事でした。

おとなしくナンを食べているものだとばかり思っていた仔豚が、
素早く店員さんを呼び止め、放ったひとこと。

「ライス、おかわり!!!!」

はあああああああ~~~っ???

アゴがガクーーンと開いていたかもしれないわたしの隣で、
「ターメリックライスでよろしいですか?」
「はい」
という会話が、ものすごーく自然に交わされていました。

ちょ、

ちょっとちょっとーーー、くぉらあーー!!!

なにを、「は?どうかしました?」っちゅー顔して、
ナンかっこんでやがるんだ、このぶうぶうは!!!

アナタ、「ターメリックライスL」に、「ナンM(←相当はあったはず)」に、
「ライスおかわり」って…、どんだけ炭水化物入れたら気が済むのかね?

しかも出てきたおかわりのライスを見て、

「あれ、こんなに少なかったっけ?」って…。

わかります?
このときのわたしの気持ち?

ここは大食い選手権の会場じゃねーんだよっ!!

(↑一部、オトメとは思えない言葉づかいがあったことを深くお詫び致します)

仔豚、前世、米だったのかもしれないなー。

そっかー、米かあ。
じゃあ、仕方ないかあ。

そんなことを思いながら、今日も米を研ぐわたしです…。

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっと応援していただけるとウレシイです↑↑

 「MEDICINEMAN」でスープカレー
2009年08月25日 (火) | 編集 |
最近またまたスープカレー率が上がっているこつむぎ家です。

今回行ったのは、有名店ながらまだ一度も入ったことがなかった、

「MEDICINEMAN(メディスンマン)」。

P1000965.jpg
住所は札幌市中央区南12西10丁目です。

人気を裏付けるかのように、「奥の席がいっぱいなのでカウンターでも
よろしいですか?」となり、さらに食べている最中も、
どんどんお客さんが入店してきて、皆さん待つ待つ待つ!!!

ちょうど混む時間帯に当たってしまったのかもしれませんが、
ちょっと長居は難しそうな雰囲気(とはいえ、我が家はけっこう早食いな
ほうなのですが)。

ちょっと見づらいですが、メニューはこんな感じ。
P1000966.jpg
気になるのは「スープカレーヌードル」。
フォーみたいな感じになるのかなあ。

しかしお昼も麺だったので、あっさり「ベジタブルカレー」990円にしました。
辛さは「レギュラー」。
これに「ウーロン茶」400円を付ける。

仔豚は「チキンカレー」1090円の「レギュラー」。
ライス大盛りで100円増し。

まずはライス比較。
P1000967.jpg
違いっぷりがちょっとわかりづらいでしょうか。
左がわたしで右が仔豚の大盛り。

そしてこちらが仔豚の「チキンカレー」。
P1000968.jpg

わたしの「ベジタブルカレー」。
P1000969.jpg

スープを見ていただければすぐにわかると思いますが、

さらっさらです。

まさに「スープ」カレー。

最近食べたなかでは群を抜いてのさらっさら感。

これは仔豚はあまり好みではないだろうな~と思っていたら
案の定、「コンソメスープかオニオンスープみたいだなー」とひとこと。
た、確かに。

で、食べ進めてみるも、なんだかどんどんしょっぱく感じてくる…。

辛さは「レギュラー」を選んだので、さくさく進みましたが、
それよりもしょっぱさに負けそうな雰囲気。

わたしは薄味好みなのでそのせいかなー?と思ったのですが、
どうやら仔豚も同じように感じていたようす。

うーん、野菜がたくさん食べられたし、さらさらスープはわたしは
けっこう好きなほうだけれど…、ウーロン茶がぶ飲み。

でも人気のお店なので、このときがたまたまだったのかもしれないし、
確かに麺入れたら合いそう~と思いました。

帰りにスーパー銭湯に寄って塩分出して来ました!
すっきり☆

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっと応援していただけるとウレシイです↑↑

 「香楽」のスープカレー
2009年08月16日 (日) | 編集 |
お盆期間中に、みごとに体重を増やしているこつむぎです、
こんにちは~。

ちょっとぴたっとした感じの服を着てみたら、お肉どかんどかんで、
そんな格好で昨日はイーアスを歩いていたわたし(と仔豚)。

たぶん「あ、向こうからボンレスハム(二体)が歩いて来る…」と
思われたことでしょう(涙)。

どんなにボンレスであろうとも、
オトメごころを忘れないボンレスでいたいと思う今日この頃です。

さて、まだ入ったことのないスープカレー屋さんを求めて、
えっちらおっちらの我が家。

今回行ってみたのは、札幌市豊平区豊平1条5丁目にある、

「香楽(COWLUCK)」。

お店の前の駐車スペース、いっぱい。
こりゃ、人気店の予感。

前面ガラスになっているので、お店の中までよく見える。
けっこう開放感のある感じ。

メニュー。
P1000914.jpg
ルーカレーもあるようですが、
せっかくなのでわたしたちはスープカレーを。

わたしは、「納豆オムレツのカレー」と最後まで迷いつつ、
「たっぷり野菜カレー」950円の5番。
これに「アイスコーヒー」350円を付ける。

仔豚は「豚角煮と野菜のカレー」1050円の4番。
ライス大盛り100円増しにて。

こちらのお店はカレーの中のじゃがいもを、
「揚げイモ」にするか「焼きマッシュポテト」にするか選ぶことができるそう。

わたしは「焼きマッシュポテト」、仔豚は「揚げイモ」にしました。

あ、カワイイ。
P1000915.jpg

お店のかたは、お客さんとお話していたりして、かなり自由~な感じでしたが、
それはそれで良いかもと思わせるようなラクな雰囲気の店内。
ひとりカレーのかたが多かったのも頷ける。

こちらが仔豚注文の「豚角煮と野菜のカレー」。
P1000916.jpg

そしてこちらがわたし注文の「たっぷり野菜カレー」。
P1000917.jpg
ん?
上に乗っかっているのは…、の、海苔ーーーっ???

見た目からしてなんだか印象深くて、食べるのが楽しみ♪
と、スープをひとくち飲んだところ、

わわっ、ちょっと個性的なお味かも…。

はじめて出会う味。
あっさりしているけれども、旨味があるというか。
とにかくたぶん今まで食べたことがないお味だと思う。

しかも食べて間もなくから胃がぽかぽかしてくるのがわかる。
これはわたしの大好きな体があったまるカレーだ~!

うひょー、テンションあがる~っ☆

しかし、やっぱりいきなりの5番は辛かった。
KINGのときもそうだったけれど、相変わらず学習しないで突っ走るわたし…。

途中で何度、挫折しそうになったことか。
でもこの独特な感じがクセになるというか、
スプーンを置くことができないまま、完食致しました。
(帰りのクルマの中では、暑いときのわんこのように舌を出して、
「ぜえぜえ」状態になりましたが(笑))

特筆すべきは、オシゴトの丁寧さだと思う。
料理下手なわたしがこんなこと書くのも生意気ですが、
とにかくカレーの中に入っているお野菜たちに
手がかかっているのがわかるのです。

トマトは焼きトマトになっていたし、
マッシュポテトなんて甘みがあって本当においしい。
(仔豚の食べた豚角煮もやわらかくてホロホロだったそうです)

ひとつひとつに手の込んだひと皿だなあーって、
こんなにわかるカレーはあまりないのではないでしょうか。

わたしとしてはそこにとっても感動しました。

ただ、スープの味が独特であまり得意じゃないかも…という仔豚の
ようなかたもいらっしゃると思うので、そこはもちろん好みが分かれる
ところでしょうけれど。

わたしはオムレツカレーを食べにまた行ってみたいな~♪

↓↓おまけ↓↓

ライス比較忘れていた~っ。
P1000918.jpg
手前わたし、奥が仔豚の大盛り。

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっと応援していただけるとウレシイです↑↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。