寝る。ごはん。ちょっと遊ぶ。寝る。うらやましすぎっ!!そんなネコネコ生活をはてしなく希望っ!!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「湯元第二名水亭」に泊まる
2006年10月19日 (木) | 編集 |
りんご祭り大開催中のこつむぎ家です。
そのわけは後ほど。

さて、この二日間こつむぎ夫婦とお友達夫婦の
二組で、北湯沢温泉

「湯元第二名水亭」

に行って参りました。

道外の皆さまにはわかりづらいと思いますので、
サラッと(わたしのサラッとはかなりあやしい…)
説明しますと、洞爺湖方面、きのこ栽培で有名な
大滝村(現在は伊達市大滝区になったはず)に
あります。
1杯100円のきのこ汁を食べることができる、
きのこ王国も近くにあるので、わたしたちは
よく行きます。この時季は紅葉も楽しみ。

一帯に系列の「湯元名水亭」と「ホロホロ山荘」が
あり、湯めぐりシャトルバスを使えば、三つの宿
すべての温泉に入浴できるのもうれしい。
この二つの温泉には何度か入っているので、
今回は宿泊ホテル内を存分に楽しむことに。

まずは近くのパークゴルフ場で遊んでからホテルへ。
夕方は気温も下がり、身体も冷えてきたので一刻も
早くあたたか~い温泉に浸かりたいところ。

↓お部屋はこちら
P1010009.jpg

和洋室です。
手前がベッドのある洋室、奥が座敷になっている和室。
こんなタイプのお部屋ははじめて!
今回は夫婦ごとに二部屋で予約しましたが、
和室にお布団を敷けば四人でも寝られそう。
しかもこれなら係のひとがお布団を敷きにくる手間も
はぶけるし、お部屋も広く使えるしで、一石二鳥かも。

そして夕食。
我が家には、三十路を越えてもなお食べ盛りな
仔豚がおります。なので、断然バイキング派!
わたしたちの場合は、お風呂はもちろん、
バイキングが充実しているかというのも、
ホテル選びの際の大きなポイント。

ここは80品バイキング!!

生寿司、焼きたてステーキ、カニ、揚げたててんぷら、
白いプリンなどなど、どぉーーだーーーー!!!
いう雰囲気にココロも踊ります。
↓撮影者仔豚
DVC00001.jpg


お風呂ではさすがに撮影できず…。
内湯の数が多めで、露天、歩行湯、打たせ湯なども
あり、お風呂重視のこつむぎとしてはうれしい。
露天風呂がお隣の「湯元名水亭」と比べると
小さめなのが残念ですが、そのかわりこちらには
温泉ビーチがあるので仕方ないのかも。
湯めぐりしても良いしね。

とにかく温泉を楽しみたいのよ~!そのために
来たのよ~!と、こつむぎはひとりで三回入って
きました(しかも長風呂)。堪能ーーーっ。
ん?いや、頑張ればあと一回は行けたかも。
ううむ…いまになって若干の敗北感。

今回はバーゲンセールのチラシで予約したため、
ひとり1万円で1000円以上のお釣りが出たのですが、
四人部屋ならもっと格安料金になるもよう。

翌日は有珠山ロープウェイに乗りに。
P1010011.jpg

小学生のころ修学旅行で来たよなあ~。
懐かしいなあ~。
P1010012.jpg


途中の道の駅(そうべつサムズ)で、こつむぎレーダーが
びーびー反応すると思ったら、格安りんご発見!
規格外品ということで、これだけ入って300円だ~い。
P1010013.jpg

ええ、ええ、数えてみましたよ、わたしは!
そうしたら、13個も入っているじゃあないの~~!
消費する人数は仔豚とふたり…。
こりゃあ、しばらくはりんご祭りを開催する
しかないでしょう。
そんなわけで今朝から、我が家の中だけで
大々的に開催中。

夜はトランプ大会をしたり(ぶたのしっぽで大白熱!)、
歩行風呂を頑張って歩いたりしましたが、
朝のバイキングもゴーカだったので、
確実に皆太って帰ったことでしょう。

ハッ、り、りんごダイエット……???

P1021010.jpg

「おみにゃげは買ってきたんでしょーねー」

ブログランキングに参加しています
(北海道/主婦/猫ランキング)

↓1ポチいただけるとウレシイです☆
FC2 Blog Ranking


↓よろしければ、こちらにも☆



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。