寝る。ごはん。ちょっと遊ぶ。寝る。うらやましすぎっ!!そんなネコネコ生活をはてしなく希望っ!!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「らーめん みそ膳 札幌手稲店」へ行く
2009年07月23日 (木) | 編集 |
すみません、諸事情によりちょっとバタバタしておりまして、
ブログをお休みする日が増えたり、コメントへの返信が遅くなったり、
お友達ブログへもなかなか訪問できない状態になっております。

なんとか時間をみつけてPCを開きたいと思っていますので、
ぬっるーい…じゃなかった温かーい目で見守っていただけると幸いです。

とりあえずいまきっぱりと言えるわたしは、

小顔には程遠いということです。

な、なぜかしら、涙があふれて………(悲)。

さて、ラーメン大好き仔豚ちゃんが、「新しい店が…」ということなので、
うひゃひゃひゃひゃ♪とクルマに飛び乗りました。

場所は札幌市手稲区西宮の沢。
こ、ここは確か以前は「百麺想」だったはず…。

ああ、でっかーいチャーシュー麺、一度も見られずじまいだったなあ。

そんなことを思いながら

「らーめん みそ膳」ののれんをくぐりました。

P1000859.jpg
混みこみではないけれど、ちょっと遅めの時間だったにもかかわらず、
男性おひとりとかご家族でとか、まあまあお客さんはいたと思います。

こちらのお店、本州にあるところと同じなのかしら?
わたしははじめて見ました。
手稲店ということは市内にほかにもあるのかな?

店名からなんとなく想像はできましたが、メニューを見ると
メインはやっぱりみそ(しょうゆもありますが)。

それも地域別のいろいろなみそ味が楽しめるみたい。
P1000860.jpg
札幌みそらーめんはもちろんのこと、
名古屋は八丁みそ、仙台は胡麻みそなどなど。

これはちょっと面白いかも☆

あれもこれも食べてみたいのですが、散々迷ったあげく
わたしが選んだのは京都の「西京みそらーめん」750円。
甘いというところに惹かれた!

仔豚は九州の「玄海みそらーめん」700円の大盛り150円増し。
これにライスを付けます。
(ちなみに仔豚はコーン抜きにしてもらいました。
みそラーメンに甘いコーンが入っているのがイヤみたい)

こちらがわたしの「西京みそらーめん」。
P1000862.jpg
画像ではわかりにくいですが、やっぱり「白みそ~」という感じの色。

スープをひとくち飲んで「わわっ、甘い」。
コーンと一緒に食した日には、いま自分が食べているのはラーメンなんだと
いうことを忘れてしまいそうな甘みが口いっぱいに広がったりして。
うーん、面白い。

しかし、なんともみそラーメンを食べている気がしなくて、
わたし的には次食べるなら違うお味だなあ。

そしてこちらが仔豚の「玄海みそらーめん」の大盛り。
P1000861.jpg
この写真の下手さっぷりで、色の違いが伝わるでしょうか…。
こちらのほうが断然色が濃い。味も濃い。

みそ味食っている~っちゅー感じ。

いやはや、なかなかの面白体験でした!
こうしていろいろな味があると、つい次回のことを考えちゃいますね☆

ちなみに麺は太めだったので、好みでした♪

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっとしていただけるとウレシイです↑↑

 「麺や虎鉄 八軒店」へ行く
2009年07月11日 (土) | 編集 |
ぶぃぃーーーんとクルマに乗っていたら、

ああっ!あんなところに新しい店舗ができているっ!!

よくよく見てみると、なななんと「虎鉄」さんではないのっ!

というわけで日を改めていそいそと、
札幌市西区八軒(下手稲通り沿い)にできた

「麺や虎鉄 八軒店」へ行って来ました~。

「麺や虎鉄」といえば、以前「白石店」で食べて、
甘めの味噌がけっこう好みだったんですよね~。

リピートしたいと思っていたので、うれしい♪
P1000809.jpg
なるほど、7月1日にオープンしたのかあ~。

テーブル席とカウンターとどちらがいいですか~?と聞かれたので、
迷わずテーブル席。

メニューは同じかな?
P1000808.jpg

やっぱり無料チューニングもある☆
P1000807.jpg

実は「白石店」でいただいたクーポンが手元にあったので、
使えるか聞いてみたところ、「OK」とのことで、
無料チューニングのほかに「煮玉子」もサービスしていただけることに。
ひゃっほーう♪

わたしは以前は味噌を食べたので、
今回は「醤油らーめん」750円の「メンマ増し、麺かため」にて。

仔豚は前回豚そばがあまり好みではなかったようなので、
「味噌らーめん」750円の大盛り100円増しの「ねぎ増し」と、
勝手に「ご飯」100円を注文。

今日もこれからジムに行くっちゅーのに、
そんなに食べてだいじょうぶなのかーーーっ!!と吠える妻に
「だっておなか減ったんだもん」と駄々をこねる三十路越え仔豚。

まずは仔豚の「味噌」大盛りと「ご飯」。
P1000806.jpg
確かに「ねぎ増し」(笑)。

「この味、どっかで食べたことあるんだよなあ~」と言いつつ、
スープまでしっかり完食のぶうぶう。
甘いからごくごく行けちゃうんだよね。

そしてこちらがわたし注文の「醤油」。
P1000805.jpg
醤油も甘めなのかと思っていたら、意外としょっぱめ(←わたし的に)。

でもこれがまた、う、うまい。
煮玉子も味がしみしみだし、メンマも増やしてもらっちゃったし、
この好みのお味で、あのお値段は、わたしの中ではそうとうお得感ある。

おいしかったし、またまたクーポンもいただいちゃったので、
機会があればぜひリピートしたいです。

虎鉄さん、ありがとう~~っ☆(感涙)

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっとしていただけるとウレシイです↑↑

 「麺屋 よしき」で「ガタタンラーメン」
2009年06月04日 (木) | 編集 |
えー、現在、軽く舌がヤケド中のこつむぎです。

なぜかというと、
つい数日前に「あっつーーーい」ラーメンを食べて来たから。

久しぶりに小樽市銭函の「スーリヤ」でカレーを食べようか~と、
向かっていたところ、途中の星野で、そういえばもうずーっと
いつか食べてみたいと思っていた「ガタタンラーメン」のある

「麺屋 よしき」もいいな~と、

P1000715.jpg
結局こちらに入ることに。

「麺屋 よしき」には、オープンしてまだ間もないくらいに
一度入ったことがありますが、それっきり。

そのときはあまり好みの味ではないなーと思ったのだと思う。
(仔豚の記憶では、食べ終わったあと、
わたしは「しょっぱいしょっぱい」と言っていたそう。
もちろんわたしはそれを覚えていない…。どうなのこの記憶力)

その後、「ガタタンラーメン」の存在を知り、
しかもこーんなこと言われちゃったら、
P1000720.jpg
やっぱり一度はそれを食べてみたくなるのです。
なんたって食いしん坊ですから。

メニューはこんな感じ。
P1000719.jpg
うへえー、「ガタタンラーメン」950円だって~。
たっけぇー!

しかし頼む。
わたし「ガタタンラーメン」、前回みそだったらしい仔豚は、
今回は「しおらーめん」700円と「ライス」150円。

ところで「ガタタンラーメン」ってなんっすかー?とお思いのかたも
いらっしゃると思います。

わたしも「芦別名物」ということしか知らなかった。

どうやら、具だくさんでとろみのある塩味のスープのことらしいです。
(↑超カンタンな説明なので、興味のあるかたは検索をお願いします)
炭鉱で働く方がたに愛されたお料理のようですね。

ちょうど閉店一時間前くらいの時間だったので、
お店にお客さんはほかにひと組しかおらず、すぐにやって来ました。

まずは仔豚の「しおらーめん」と「ライス」。
P1000716.jpg
けっこう大きめのチャーシューが入っているじゃないっすか~!

そしてなにより、「ライス」の量が多い。
これで150円はなかなかうれしいお値段かも。
(ちなみに漬け物付き)
P1000718.jpg
ひとくちスープをもらったときは、
あ、旨味がぎゅっとなっていておいしい!と思ったのですが、
確かに後味がわたしにはちょっとしょっぱかったかなあ。

と、過去の自分の発言を振り返ったりしているうちに、来ました。
「ガタタンラーメン」。

どおぉぉぉーーーーん!!!

P1000717.jpg
でかーーーっ!

画像では「でかさ」が伝わらなくて申し訳ないのですが、
器からして仔豚のラーメンの大きさとは違うのですよ~。

あちゃー、もしかしてまたやっちゃった?
また、大盛りかっちゅー量を食べるハメに…?

とにかく挑戦。
せっかくの念願の「ガタタンラーメン」だもの~。

しっかし、あん(とろみ)があるだけあって、

めちゃめちゃ熱いっ!!!

あまりの熱さに、
あやうく口に入れた麺を「だああーっ」とやっちゃいそうに…。
(30ウン才なので、なんとか踏みとどまりましたが、
おかげヤケドをしてしまったので、がっつかないようご注意ください(笑))

とにかく具だくさん。
エビ、ホタテ、肉、野菜類などなど。
魚介味がけっこうきいていて、おいしいです☆

あんも一緒に食べて行くので、スープはほとんど残りません。
そのぶん、どんどんおなかにたまって、ぱんぱん。

さらに、いつまで経ってもアツアツのため、汗がだらだら流れて来ます。
ジム後か?っちゅーくらいの汗っぷりでした。
ラーメン食べてこんなに汗かくのなんて、真夏くらいじゃねーの?ってほど。

時間もかかるので、仔豚がぺろりと食べ終わったときでも、
わたしはやっと半分行ったか行かないかくらい。

ものすごーく頑張って食べましたが、
やっぱり最後は仔豚に手伝ってもらいました。
これは女子ひとりで食べきるのは、
おなかをぺこぺこにして行かないとけっこうツライかもしれない。

そして食べ終わったときの感想は、

950円でもいっかー、でした。

食べる前は「げー、大盛りでもないのに950円って…」と思ったのですが、
食べてみたらめちゃめちゃ具の種類が多くて満足度高かったです。
量もたっぷりだったし。

頻繁にはちょっと無理かな~と思うけれど、
たまーになら、このお値段払ってでも惜しくないかな。
こちらはそれほどしょっぱさも感じなかったし(笑)。

でも夏真っ盛りに食べたら、サウナ並みに汗かいちゃうのは
間違いないと思う~。

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっとしていただけるとウレシイです↑↑

 「中華菜店 金八」でごはん
2009年05月25日 (月) | 編集 |
本当に、大変申し訳ないのですが、
年季バリバリでっせ~といった店構えの前では、
若干へっぴり腰になってしまうわたしです(銭湯も、です)。

そんなんで食いキャラ(または風呂好き)だって言えんのかいっ?
食いキャラなら食いキャラらしく、どんなお店にも躊躇なく
入って行きやがれ、こつむぎさんよおー!!

と、自分で自分に突っ込んでおきながらなんなのですが、
いったいいつからわたしは(そしてこのブログは)
食いキャラになったのでしょうか…。

おっかしぃなあ~。

そんなへっぴり腰になってしまうわたしが、
そういうことには気にしませーーーん♪な仔豚を夫に持ってしまって
いるのだから、ときどきそういうお店に連れて行かれるのは
ある意味仕方のないこと。

だってクルマを運転するのは仔豚であって、
わたしはいつだってぐうたら座りながら、えへらえへら外を見て
笑っていたりするだけなんだからね。

「この間、(シゴトで)通りがかりに見つけたお店があって~」と言われ、
おとなしく同乗していたものの、「はい、到着ー」と降ろされてはじめて

「えええーっ、ここー?マジで~?(失礼)」

と、途端にへなへな歩きになるわたし。

「ちょっと無理」と言いかけて、すでに言えない雰囲気であることに気付く。

我が家のクルマが店の前の駐車スペースにとまったことに気付いた
店のおじちゃんが「おっ、お客さんだ」と、こちらを見つめてきたから。

ちょうど店内にはお客さんがダレもいなかったため、
わたしたちが店の扉を開けるのを「待つ体勢」に入ったおじちゃん。
ここでまわれ右をするのはひどくねーか?状態。

覚悟を決めろ~、こつむぎよ!(←だから失礼だっつーの)

というわけで、
行って来たのは札幌市手稲区前田6条13丁目にある

「中華菜店 金八」。

P1000677.jpg
あのぉー…、散々書いておいてなんですが、
「もーう、絶対無理っ!」というほどの古さではないです。
(ってか全然フツウ。そのあとご家族連れのお客さんも来たし)

ただちょっとこの日のわたしは「そういえば新しくできたパスタ屋さん、
まだ行っていないよな~」というアタマだったもので(仔豚はなかなか
夜にイタリアンのお店に行きたがらない)、その影響だったのかも。

中華を食べるなら「今日は絶対にあんかけ焼きそば!」な気分だったため、
迷わず「あんかけ焼きそば(正油味)」680円(←安っ!!)を選ぶわたし。

仔豚は「からいラーメン(あんかけ風)」720円の
大盛り80円増し(←100円しないところがありがたい)。

学生さんの多い土地柄か、お値段は全般的にお安め。
ランチのセットは680円からあるみたい。

まずやって来たのは仔豚の「からいラーメン」大盛り。
P1000680.jpg
これ、けっこう器が大きいんですよ~☆
これぞ大盛り!という感じ。

目で確認できるラー油に、思わず「辛そー…」とつぶやくわたし。
P1000679.jpg
スープをひとくち飲んで「辛っ」と言う仔豚。
辛いラーメン頼んでおいて、なに言ってんだかと思いながら
スープをもらってみると、喉にキーーーン!!!

こ、これは辛い。

あんかけ風なこともあって、アツアツだし、
仔豚のおでこにはすでにうっすらと汗が…。

それでもモリモリ完食しておりました。
さすが仔豚ちゃん。

そしてこちらがわたしの「あんかけ焼きそば」。
P1000678.jpg
甘すぎず、しょっぱすぎず、具だくさんでおいしくいただきました。
(お肉を食べた仔豚は「やわらか~い」と言っていました)

店の前で一瞬躊躇したことなどすっかり忘れ、
ぺろっと食べきってしまいました。
ごちそうさまでーす♪

やっぱり学生さんの多いところには、
お安く食べられるウレシイお店が多いんですね~。

ますます精進しなければ!(←なにを?)

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっとしていただけるとウレシイです↑↑

 念願の「みかん」でラーメン
2009年05月15日 (金) | 編集 |
久しぶりに仔豚がアカスリをしました。

「背中がつるんつるんになったーっ♪」

と、喜んでおりました。

でも以前のときより短い時間のでお願いしたので、
「途中で10分延長してって言いたくなったああああ~」と
涙目(←これはウソ)になっていました。

さて先日、常々行ってみたいと思っていたラーメン屋さん、

「みかん」についに行って来ました~。

P1000655.jpg
お店は小樽市の南樽市場入り口すぐ近くにあります。

この日は南樽市場がお休みの日だったからか、
駐車場もすいていました。
(南樽市場を目指して来た方がたが、みーんな、
暗い市場の中をのぞきこんでは、残念そうに帰って行っていました)

「みかん」さんだなんて、名前からして可愛いですよね(←失礼かしら?)。

そういえば、どの味がおススメとかわからず…。
お品書きの最初が「味噌」だから、「味噌」が人気なのかな?

というわけで、仔豚が「味噌」700円の大盛り100円増しを、
わたしは「醤油」700円にしてみました。

「これは絶対に撮っておけって~」と仔豚がぶうぶう言うので
思わずぱちり☆
P1000654.jpg
ヤカンでお水。
学生のときの部活を思い出すらしき仔豚(笑)。

先日仔豚がひどい目にあった美容室での話などで
盛り上がっていると、やって来ました、わたしの「醤油」。
P1000652.jpg
わわっ、スープの色が濃いよ。

そしてこちらが仔豚の「味噌」の大盛り。
P1000653.jpg
味噌のほうがわかりやすいと思うのですが、
脂の膜ができて、二層になっています。
これは醤油も同じでした。

アツアツ感がずっと楽しめるというやつです…よね?

あー、楽しみだなあ。
念願の「みかん」さんだもの~☆

ではまずスープをひとくち。

ん?
醤油色の濃さからして、けっこうしょっぱそうかなーというイメージ
だったのですが、全然しょっぱくない。

かといって甘くもないし、めっちゃ芳ばしい~というわけでもない。

どうしようどうしよう、言葉でうまく表現できない。

うーん、うーーーん、そうだなあ、
チョコレートでいうなら、ブラックに近いビターって感じ??
(↑よくわからん)

ええーと、なぜか、苦い…。

わたしの舌が変だったのかなあ。
こりゃあ、オトナの醤油だよ~、なーんて思っちゃったり。

そしてわたしのスープのあと仔豚のスープをもらってみると、

こちらはなぜか、カレー味…。

最初は「はあ?」と言っていた仔豚も、
麺を食べ終わったあと、わたしに「醤油を飲んでから味噌を飲んでみて~」
と、ほぼ無理強いに近い感じで蓮華を口に運ばせてみると…

「ホ、ホントだ、カレーだ」。

ふ、不思議です(笑)。

しょっぱくないので喉も渇かず、麺のかたさもほど良い感じでしたが、
如何せん不思議です。
もしくは我が家の舌が不思議。

お店のかたは感じ良かったし、
ご家族やおじいちゃんがひとりでなどなど、お店はけっこう賑わっていましたよ☆

☆人気blogランキング(北海道)へ

↑↑ぽちっとしていただけるとウレシイです↑↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。